塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

ワックスの上から塗料を塗ってもいいの?

2015年6月25日 / 投稿者:石川 惠子 / カテゴリー: ガードラック社員ブログ

こんにちは!

西日本もとうとう梅雨入りしました。
ジメジメした季節は塗装には向きません・・・
早く梅雨が明けてほしいような、
でも暑いのが苦手だから夏が来てほしくないような、
そんな日々を過ごしています。

さて今回は、久々に、
「お客様からよくあるお問い合わせを実験してみようシリーズ」。
(いつシリーズになったのかと言われると・・・今思いつきました!)
ということで、実験してみました。

今回は「ワックスの上から塗料は塗れるのか」ということを実験してみたいと思います。

実際にお客様からは、
「床に塗料を塗装した後に、メンテナンスとしてワックスを塗っていいか?」
「以前ワックスを塗ったけど、その上から塗料は塗れますか?」
といったお問い合わせをよく受けます。

その際には、
「ワックスの上に塗料を塗装してしまうと密着しないので、
ワックスを剥がしてから塗装してください」とお伝えしています。

よくあるのは、“一般住宅のフローリングの床”ということで
フローリング見本板を用意。
Exif_JPEG_PICTURE矢印の左側を使います。
(右側には別の塗料が既に塗られているため)

さて、まずはワックスを塗ります。
よく市販されている樹脂ワックスを塗りました。
塗装後の写真はこちら。
見た目はそんなに変わりませんが、若干白くなっています。Exif_JPEG_PICTUREそして乾燥しました。Exif_JPEG_PICTUREワックスを剥がさないまま、
アクレックスNo.3400木部用ウレタンクリヤーを塗装します。

Exif_JPEG_PICTURE(今回は塗装することがメインではないので、
大雑把な塗装には目をつぶってください・・・)

木部用ウレタンクリヤーを塗装してから一夜放置し
翌日、いざ実験です。

塗膜にカッターでバツ印の傷をつけてその上にセロテープを
2枚重ねて貼り、強い力で勢いよく剥がします。

Exif_JPEG_PICTUREもし、ワックスと木部用ウレタンクリヤーが密着していなかったら、バツ印で傷をつけたところから、剥がれるはずです。

さて、結果は・・・・

Exif_JPEG_PICTUREなんと!剥がれませんでした!

剥がれることが大前提で実験をしたのに
予想外の結末になってしまいました・・・
本当は「こんなふうに剥がれるんですよ」というところを
お見せしたかったのですが・・・

なぜ剥がれなかったか・・・今回使用したワックスが、
たまたま塗料と相性がよかったのでしょうか。

しかし、これはこれで新たな発見ができたということになります。ワックスの種類によっては、上から塗装しても剥がれないということです。

ということで、今回の、
「お客様からよくあるお問い合わせを実験してみようシリーズ」はワックスを塗った上から塗料を塗装する場合には、
基本はワックスを剥がしてから塗装することをおすすめします。
しかし、ワックスの種類によってははがれない場合もありますので一度試し塗りをして剥がれないか確認していただくことをおすすめします。

ということで、締めさせていただきます。

 

このカテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>