塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

「ねんど」とは?

2016年12月20日 / 投稿者:渡辺 哲也 / カテゴリー: ガードラック秘話, 塗料

 

こんにちは、日野工場 品質管理課の渡辺です。

 

最近日が暮れるのが早いですね。 17時になると真っ暗です。
暗くなると早く帰りたくなるのは僕だけなのでしょうかねー。

 

皆さんは「ねんど」といえば何を想像されるでしょうか?

 

ほとんどの人が、写真のような粘土細工の「粘土」だと思います。

P1040651

ところが、塗料業界の人は「ねんど」といえば「粘度」の方を想像

します。

 

「粘度」は「粘り気の度合い」であり、どのくらいドロドロしているかを表します。 例えば、水のようにサラサラした液体は粘度が低い(小さい)、蜂蜜や水アメのようにドロドロしたものは粘度が高い(大きい)と表現します。

 

「粘度」は様々な測定方法があるのですが、塗料業界で一般的に使われるのが「フォードカップ(№4)粘度計」を使用する方法です。(ガードラックの粘度もこの方法で測定しています。)
フォードカップ粘度計は写真のような「底に穴の開いているカップ」です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カップ一杯の液が何秒で底の穴から落ちきるのかを測定します。

粘度の低いものは早く、粘度の高いものはゆっくりと落ちます。(砂時計のように、同じ粘度のものであれば、必ず同じ秒になります。)

 

ガードラックシリーズの粘度は、色にもよりますが「ラテックス」が約11秒で、「アクア」が約16秒です。

水の粘度が9~10秒ですので、ガードラックシリーズに水を混ぜることで粘度を下げることが可能となります。

粘度が高くて塗りにくいと感じたときは、水で薄めて下さい。(全体の10~20%程度までが目安です。)

 

※粘度は温度に依存します。温度が低いと粘度が高くなり、温度が高いと粘度が低くなります。
今回紹介したガードラックの粘度は25℃で測定したものです。

このカテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>