塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

樹液の採集

2017年4月10日 / 投稿者:鍋田 みずき / カテゴリー: ガードラック社員ブログ

こんにちは。ソリューションデザイン事業部の鍋田です。

3月はメープルシロップの季節だとご存知でしょうか?

メープルシロップはカエデの樹液を煮詰めて作られており、本場カナダでは樹液の収穫を雪解けが始まる 2~3 月に行っています。カエデの幹に穴をあけ、採取口を取り付けて滴る樹液を集めるのです。

メープルシロップ

カナダ国旗にも描かれるメープル



なぜ、春先なのでしょうか?

そのメカニズムは科学的には証明されていないそうです。しかし秋に紅葉する前に盛んに光合成を行い幹に根に蓄えた糖分が、雪解けの季節になると、糖分やミネラルをたくさん含んだ樹液を採取できると知られています。

その時期を狙って人間がおいしいところをいただいているのです。

白樺

白樺もカエデ同様に樹液の採取が可能です



メカニズムを少し考えてみますと、カエデなどの広葉樹は根から入ってきた水を「根圧」と呼ばれる力で幹に運ぶ能力が高いことが影響しているのかもしれません。根圧は浸透圧を利用して根が水を押し上げる力のことです。

へちま水は根圧を使用して採取します

へちま水は根圧を使用して採取します



 

メープルシロップにも等級があり、樹液をとった順番と色で分けています。日本のお茶で一番茶二番茶と数えるのと同じですね。

一番最初が希少な No.1 エキストラライト、ライト、ミディアム、No.2 アンバーと続き、最後に取れるのが No.3 ダークとなっており、見た目も味わいも異なります。以前私は全部を試食したことがあるのですが、エキストラライトは軽やかでさわやか、No.2 アンバーは風味が強く香ばしさにも似た味わいが楽しめ、どちらもそれはそれでおいしいものです。

そんなカエデは木材としても重要で、家具やフローリング材として日本でも人気の樹種。ガードラックの人気色のメープルも木材としてのカエデの色を真似たものです。

このカテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>