塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

屋内に定評のあるガードラックラテックス

2019年9月30日 / 投稿者:YasuhiroKojima / カテゴリー: わたしのイチオシ!

お久しぶりです。小島です。

二ヶ月空けていましたが、しっかり生きています。

気温の上昇も落ち着いてきて過ごしやすい季節となりましたね。
屋外テラスでバーベキューしたり、外での作業も気持ちよく出来そうです。

最近は屋外にテラスやデッキを設ける住宅や店舗が多くなってきました。また吹き抜けやルーフテラスなどを利用して、屋内と屋外を一体としたつくりも人気です。

店舗などでは椅子やテーブルを屋内と屋外で併用している場合もあるのではないでしょうか。

そこで気になるのが紫外線による色あせなどの問題です。
以前のブログでも書きましたが、屋内用の着色剤は紫外線の下に長時間置いておくと色あせすることがあります。

屋外に出すことが想定される椅子やテーブルなどのインテリアや自然光が入りやすい住宅や店舗の木部は屋内でも屋外でも使えるガードラックラテックスをご検討してみてはいかがでしょうか。

ここで注意です!くれぐれも油性のガードラックProは屋内で使わないようにしてください。

なぜ油性のガードラックProは屋内で使えないかというと、においもありますが、乾燥しにくいことが挙げられます。これはほとんどの他のメーカーの油性木材保護塗料でも言えることです。

水系の場合はこの点は改良されており、乾燥もだいぶ早くなっております。

Exif_JPEG_PICTURE

この写真は砂塵付着試験です。

左:他社の油性木材保護塗料
右:ガードラックラテックス

新しいラテックスはさらに乾燥しやすくなっています!

Exif_JPEG_PICTURE

この写真は耐候性試験の経過観察です。真ん中二つのチーク色のものです。

左:新しいガードラックラテックス
右:今のガードラックラテックス

半年ほどですが、まだまだいけそうです。

そしてついに新しいガードラックラテックスが全国販売される日が近くなってきました。

乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>