塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

雪への耐久性

2014年12月27日 / 投稿者:西川 裕之 / カテゴリー: 塗料

こんにちは、汎用技術課の西川です。

う~寒い。
前回もこのくだりから始めましたが、やっぱり寒いです。

全国的に爆弾低気圧が日本列島に覆いかぶさった影響で日本海沿岸
を中心に大雪になっております。
今シーズンもとうとうこの記事を書くことになろうとは。
私が勤務しております、滋賀県蒲生郡日野町にあります、弊社工場
も12月18日、雪が積もりました。Exif_JPEG_PICTURE
いつもならクリスマス前後に訪れていた雪の便りでしたが、いつも
よりは1週間程度、早いですね。
毎回のように言っておりますが、屋外用塗料にとってこの積雪は、
非常に厳しい状況です。

雪が積もることにより、
・塗膜表面が濡れた状態が続く
・塗膜表面が凍る
・塗膜表面で雪が解けて凍り、また解けるを繰り返す

私の屋外暴露データから推測するに寒暖の差が激しい地域で行う
屋外曝露試験が条件的に厳しいと思います。
この滋賀県も寒暖の差が激しい地域に当てはまります。

開発する立場あるいはメーカーという立場からすれば、どのような
条件下であっても皆さんに安心してお使い頂ける商品の開発・提供
に努めなければなりません。

例年であれば、この時期に屋外曝露試験を開始します。
私の期待する試験結果が生まれてくれば良いのですが・・・
こればっかりは実行してみないと分かりません。
でも期待はしています。
今度の試作品たちに私の熱い思いを注入し、近日中に弊社屋上にて
曝露試験を行いたいと思います。

天気の悪い日が続いておりますが、お体の調子やお足下、お車の運転には、くれぐれもお気をつけ下さい。

このカテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>