塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

化学物質過敏症の方へ<塗料の安全性について>

2013年11月26日 / 投稿者:コンノ メグミ / カテゴリー: 塗料

シックハウス症候群とは

新築やリフォームした住宅に入居した人が、めまいや頭痛、吐き気などの症状を引き起こすことです。

061g_72家を建てる材料や家具などの内装品には接着剤や塗料などの化学物質が使われており、シックハウス症候群の原因の一つだと考えられています。化学物質だけでなく、湿度が高いと繁殖しやすくなるカビやダニも関係があることがわかっています。

現代の住宅では省エネルギーの観点から様々な建材や建築方法が開発され、建築物の高気密になりました。冷暖房がききやすく騒音などの影響を受けにくくなった半面、通気がしにくくなり室内の空気環境が悪くなったと言えます。

 

VOC

VOCとは揮発性有機化合物の略で、WHOで沸点に基づいて分類された化学物質の総称です。トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどをさします。

 

ホルムアルデヒド

塗料は空気中の酸素と反応して乾燥しますが、その際に副生成物としてホルムアルデヒドが発生する場合があります。ホルムアルデヒドはシックハウス症候群を引き起こす原因の一つだと考えられています。

 

F☆☆☆☆

055e_72F☆☆☆☆とは塗料を含む建材からホルムアルデヒドが放散される量に基づいて区分けしたものです。平成15年7月1日の建築基準法の改正により、内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを放散する建材には、使用面積に応じた制限が設けられることになりました。

『F』はホルムアルデヒドを意味していて、その先に書かれた『☆』の数で区分を表しています。『☆』の数が多いほど放散量が少なく、『F☆☆☆☆』は最も少ない区分を意味しています。

 

ガードラックアクア・ガードラックラテックスの安全性

ガードラックアクアとガードラックラテックスは水性塗料でVOCを10%以下に抑えています。F☆☆☆☆は屋内用塗料の規格であるため規格の認定対象外ですが、ホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆の基準値をクリアしています。

SDSのダウンロードはこちらから

 

<お問い合わせ>

お客様センター 0748-53-1966(平日9時~17時)

 

このカテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>