塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

わたしのイチオシ!R&D本部 第3グループ 工藤貴久

2014年3月5日 / 投稿者:コンノ メグミ / カテゴリー: わたしのイチオシ!

和信化学工業の商品でお勧めの商品は何ですか?

私のイチオシ商品は『アクレックス№3550白木』です。

理由を教えて下さい。

和室白木白木は紫外線防止剤が入っていて、木材の木質感や色合いを最大限に活かした非常にユニークな塗料です。

何しろ「塗った証拠が残らない」ような仕上がりですから。本来は木材用の塗料ですが、これを内装の左官材料の汚れ止めに使うこともできます。

数年前のことですがある設計事務所さんから、服飾店舗の「漆喰の壁の汚れ防止にいいモノはないか?」というお話があって、アクレックスシリーズの白木をお勧めしました。

試し塗りをしてもらった段階で、非常に好評でご購入いただいたんですが。実際に現場に持ち込んだところ「塗装したらピンク色になったぞ。」と現場から電話が掛かってきて、

kudo「どうする、どうしてくれる!」「ちょっと様子見てください。」「わかった。様子を見る。」「23日したら収まったぞ。」ということがありました。

理由は何かよくわからないのですが、漆喰もpHがアルカリに傾いているので、もしかしたら影響を受けたのかもしれません。

実は何度も同じことがありまして、銀座で店舗を塗装してもらったところまたピンクになりました。

その後はクレームと言うよりも、「またピンクになったぞ。」「すいません、またちょっと様子を見てください。」とお互いに会話を半分楽しんでいる状態でした。仕上がりは非常に気に入っていただいていて、ずっと使い続けてもらっている塗料です。

本来の用途とは違っても、塗料の性質や性能を理解していると、活躍できる範囲は広がりを見せてくれます。このような思い出深い事件なんかもあって、プライベートでも特に白木を好んで使っています。

普段の仕事を教えて下さい。

今年から新設されたR&D本部の第3グル―プに所属しております。主に今携わっている事は、水系ガードラックのクレーム対策です。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか。

大切にしていることは、年齢とともに変わってきています。最近は柔軟性です。年齢を重ねる中で、色んな物事に対して柔軟に対応できるという懐の深い大人を目指して、自分に課しているところです。

和信化学工業はどんな会社だと思いますか?

誤解を恐れず言うならば、良くも悪くも「遊び」のある会社じゃないかなと思います。

「遊び」というのは、車の運転する時のハンドルやブレーキの「遊び」、ちょっと緩んでいるところですね。

その隙間をどのような形で埋めていくのか、どのような形で活用していくのかというのは従業員一人ひとりに任せてもらえる、自由があるんじゃないかなっていう風に思います。

ですので、その辺を見つけて楽しめる人とそうでない人では、感覚として差が生まれるかと思いますが、私個人的にはその辺を楽しませてもらっていて魅力を感じています。

最後になりますが、業界にどんな一石を投じて記憶される会社でありたいですか?

053b_350私共は、暮らしの安全に貢献していこうと水系塗料を推進しています。水系塗料のシェアを増やすことで、生活環境の改善をしていきたいですね。

特に建築汎用塗料では建物を守るというのは、その建物だけでなく、その地域やエリア、街。ひいては国を守り、地球を守ることにつながるのではないかと思っています。本気ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>