塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

DIYで手作りの木製ベンチを作ろう

2013年3月18日 / 投稿者:岩尾 里恵子 / カテゴリー: DIY

すっかり暖かくなって春を感じるようになりました。

いよいよDIYの季節ですね♪

そこで、今日は誰でも簡単に木製ベンチを手作りする方法をご紹介します。

①用意するもの

手作り木製ベンチ
まず、用意するのは2×4のパイン材540cm、ガードラックアクア、ハケ、塗料カップ、新聞紙、エニーサイズテーブル(ベンチの足)、のこぎり、電動ドリルです。

ベンチの足となるエニーサイズテーブルはホームセンターの通販で購入しました。受取りを店舗にしたところ送料が無料でしたよ。

②木材をカット

木製ベンチ次に2×4のパイン材をのこぎりで110cmにカットして、座る部分の木材を4本用意します。ベンチの足の中心に入る一本は、100cmにカットしました。

のこぎりは押すときではなく引くときに木材が切れます。最近ではホームセンターで木材を購入すると、電動ののこぎりを貸していただけたりもします。

③塗料を塗装
塗装ハケ 無垢も味わいがあって好みですが、屋外に木材を置く場合は劣化を防ぐために塗料を塗った方が木製ベンチを長持ちさせることができます。

色は迷いに迷って、座る部分は緑のツートンに、足の中心に入る一本はアースカラーで統一しようと、ガードラックアクアのチョコレートにしました。

木製ベンチスタンダード色のグリーンは暗めだったので、自分で塗料を混ぜて色を調整しました。濃い緑はグリーン50に対してエロー1とブルー5を混ぜ合わせて作り、ライトグリーンはブルー7にエロー50を混ぜ合わせて製作しています。110cmの木材を2本塗装するのに、ガードラックアクアを100mlほど使いました。

塗料は大きく分けると油性塗料と水性塗料があります。水性塗料は水で薄めることが出来て、手に付いてもお湯でさっと洗い流すことがでる点がお勧めです。

④ドリルで木材とエニーサイズテーブルを固定

最後に、ドリルで木材とエニーサイズテーブルを固定します。片側全てを先に固定するのではなく対角上に交互にビスを入れると、木材の狂いなどを後から微調整できます。

最初にエニーサイズテーブルを置く位置が重要になるので、左右対称になるように注意します。

インパクトドライバー足と木材を電動ドリルで固定しようと、木材を新聞紙の上にのせたところ、塗料が十分に乾燥してなかったようで新聞が木材にくっついてしまいました。ベンチを作られる際は塗料が十分に乾いてから足を固定するように、お気を付け下さい。

DIYは道具さえあれば誰でも簡単にオリジナルの物を作れるので、ぜひ一度チャレンジしてみて下さいね。

上級編のウッドデッキの作り方は、こちらからご覧いただけます。

 

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>