塗料に関するハウツーや業界の最新トレンドなど
お役立ち情報を皆様にお届けします。

クロコダイル風アンティーク塗装のやり方

2014年5月27日 / 投稿者:山本 直哉 / カテゴリー: DIY, 塗装

みなさん。こんにちは。。。
マーケティング室の山本です。

以前社員ブログでも紹介された、
『エイジングで作るオールドテイストな家具と庭』という
雑誌に掲載されていたクロコダイル風塗装が気になっていたので
試しに制作してみました。

まず準備したのは、普通にHCで販売されている花台。クロコダイル1この何の変哲もないヒノキの花台をどうするかというと・・・
普通キャンプで使用するガスバーナーでファイヤーします。
クロコダイル塗装(3)
ここでワンポイントアドバイスですが、くっきりとした
ウロコ模様を出すためにも、しっかりと焼きましょう!!
そして万が一に備えて、消火器を近くに準備しましょう!!

しっかり焼き目がついたら、水で冷やしていきます。
クロコダイル塗装(4)
冷えたのを確認したら、布きれで表面を拭き上げましょう。
後は暫く風通しの良い場所において乾燥させます。
乾いたらまずは塗りにくい足を先に塗りましょう。
クロコダイル塗装(2)こんな時は塗りにくい部分から塗るのが鉄則ですよ。
足の部分が終わったら、ひっくり返します。
そしてここでひと手間!!
よりリアルな感じを出すために、ボンドを使ってひび割れ感を
出していきます。
クロコダイル塗装(5)コツは少し水で薄めてから表面に塗っていきます。
クロコダイル塗装(6)ここでもワンポイントアドバイス!!
表面が濡れたままですと、上塗りした時に滲んじゃうので
ある程度しっかりと乾かしたほうがいいですね。
目安は・・・私的には5分くらいです。
乾いたら上塗りを塗っていきます。
クロコダイル塗装(8)この時、使用する刷毛は写真の様な平べったい平刷毛が理想です。
それを寝かせて使うことで、焼いてひび割れた部分に塗料が入ら
ないようにしていきます。
また少しかすれ気味に塗るといい感じに仕上がります。
さてこれで完成です。
クロコダイル塗装(10)割れた部分がワニのウロコみたい・・・・・・
に見えるはずです。
実際に花を飾ってみるとこんな感じです。
クロコダイル塗装(12)ワニっていうと少し気持ち悪そうですが、
結構味があってこれはこれで面白い塗装ですよ!(^^)!

*ただし火を使用するので十分に気を付けてくださいませ。

このカテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>